会社概要

会社概要・沿革

会社案内

社名
株式会社ニノミヤ
代表者
代表取締役 二宮英樹
所在地
〒445-0052
愛知県西尾市横手町川東新田17-1
鋳造部門
TEL 0563-35-0551 FAX 0563-35-3105
レーザ・電子ビーム加工部門
TEL 0563-35-3811 FAX 0563-35-3812
創立
1946年7月
資本金
2,400万円
工場敷地
20,300 m2
従業員数
110名
営業内容
鋳造部品製造
MC.NC.切削加工
レーザ及び電子ビーム加工機による受託加工

沿革

1946年7月
二宮英夫が二宮鋳造所を創立
生産設備:冷風キュポラ、土間手込造型
1958年5月
株式会社へ組織変更(資本金2百万円)
東京営業所開設
1972年6月
現住所へ工場移転
1975年12月
資本金24百万円へ増資
生産設備:3tキュポラ2基、AVS造型ライン1式、PCライン5式、砂処理設備1式導入
1977年
FMM自動造型ライン導入
SM50A自動造型ライン導入
1983年11月
二宮誠二が代表に就任
1988年
SM50SA自動造型ライン導入
1989年4月
株式会社ニノミヤへ社名変更
1990年4月
APSH3自動造型ライン導入
6tキュポラ2基導入
1995年5月
レ-ザ加工事業開始
YAGレ-ザ加工システム導入
1997年10月
本社工場内にレ-ザセンタ-開設
2000年3月
DISA2013LP-PLC自動造型ライン導入
2002年5月
APSH3ライン冷却ライン延長
ダクタイル鋳鉄の生産開始
2002年8月
AMF-Ⅱ(H)自動造型ライン導入
2003年3月
電子ビ-ム加工システム導入
2003年9月
2t高周波誘導炉2基導入
2004年11月
ISO9001認証取得
2005年7月
タイ研修生受入開始
2005年8月
APS-H3ラインへアイリッヒ社砂
処理設備(50/t)導入
砂処理工程の無人化実施
2006年2月
ISO14001認証取得
2006年5月
APS-H3ラインへ自動注湯装置
(FV-N)1基導入
注湯作業の無人化実施
2007年3月
仕上検査用工場新設
2007年8月
縦型MC導入
鋳造~加工一貫受注開始
2008年8月
DISAラインへアイリッヒ社砂処理
設備(50/t)導入
砂処理工程の無人化実施
2008年11月
二宮英樹が代表に就任
2009年10月
NC旋盤1基導入
2010年2月
横型MC2基導入
2011年8月
DISAラインへ自動注湯装置
(FV-N)2基導入
注湯作業の無人化実施
2011年11月
AMFラインへ自動注湯装置
(FV-N)1基導入
注湯作業の無人化実施
2012年4月
NC旋盤2基、横型MC1基導入
2012年5月
インドネシア研修生受入開始
2014年1月
溶解用工場新設
高周波誘導炉路3t×3基導入
材料自動計量システム導入
自動溶湯搬送システム導入
2015年6月
磁気探傷検査装置、内視鏡検査装置増設
2016年8月
本社事務所・厚生棟新設
2016年11月
NC旋盤1基、自動立体倉庫導入
2017年2月
愛知ブランド企業認定
2017年3月
TS16949認証取得予定